エッセイ「家を継ぐということ、花をいけるということ」(essay_fumiyayamamoto_1.pdf)

¥ 300

なぜ部屋の片隅に花をいけるのか、何を考えて古い家に暮らすのか、日常の感情をまとめた約1,000字のエッセイ(+ 3枚の花の写真)です。

※こちらの商品はデジタルコンテンツとなります。購入後に届くメールに記載されているURLをクリックすることで、ダウンロードすることができます。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(1235803 バイト)

Related Items
  • エッセイ「IKEBANA Awareness [2020 Autumn-Winter] を終えて」
    ¥ 800
  • 作品集『風動いて開く花』
    ¥ 3,080