作品集『Post-Mortem Portraits』

¥ 2,200

それは、かつてそこにあった命。「自分の手で花を殺めておきながら花を"いける(=命を与える)"と言う、花人はいったい何をしたいのか、花人とはいったい何者なのか」という疑問をきっかけにして生まれた作品集です。
「花の遺影」をコンセプトに、花の命に真正面から向き合うことを目指して制作されました。

作品集のなかの写真はすべて、スマートフォンを使って気軽な気持ちで撮影しています。なぜなら、元々は人に見せるためではなく、単なる自身の記録として撮影していたからです。そして、「遺影」は常にそういうものでもあります。ほとんどの遺影は、遺影としては撮られておらず、そうではない写真を無理やり引き伸ばして作られます。この作品集も同様です。

※オンラインショップ上では、おひとり様1冊ずつの購入とさせていただいております。2冊以上の購入を希望される方はお問い合わせ画面よりご連絡ください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール

    全国一律 ¥ 215
Related Items
  • 作品集『風動いて開く花』
    ¥ 3,080
  • エッセイ「家を継ぐということ、花をいけるということ」
    ¥ 330
  • エッセイ「IKEBANA Awareness [2020 Autumn-Winter] を終えて」
    ¥ 880